検索
  • sanfuku

2021年6月12日|サーモ付きドローンを利用した非接触型計測サービスの開始

更新日:1月8日

 当社は、自社開発したそらいろモニター🄬を用いて、全国で2,700サイト、17,000基以上のPCS(パワーコンディショナー)を遠隔管理しております。この度、サーモ付きドローンによるセル単位・クラスター単位の計測とAIによるそらいろモニターTMを有機的に活用する事で、太陽光発電所の品質を持続的に維持するための高い管理手法を構築しサービスを開始する事にしました。本サービスは、現地調査の合理化と連続監視のAI化によって、一般的な保守管理サービスより安価で品質の高いサービスを提供する事が可能になりました。

 当社は、既存発電所の品質維持と太陽光発電所のさらなる普及のため、「最小の発電ロスと最大の発電量の維持」の実現のためさまざまなサービス開発に進めていく予定です。


【サービスに適した太陽光発電所】:大規模発電所/自家消費型発電所(屋根設置)/ため池(水上)発電所/ソーラーシェアリング/法面に設置した発電所など


そらいろモニターは、連続的な計測による経年劣化の定量化とAI機能を有した発電ロスの予測を行うサービスです。









25回の閲覧0件のコメント