検索
  • sanfuku

2020年11月19日|エニシア高松インテリジェントパーク新築に伴う防災対応型太陽光発電システムの運転を開始いたしました。

当社は、コアワーキング事業を展開するNOAH INVESTORS株式会社様からの発注にもと、エニシア高松インテリジェントパークの屋根を利用して防災対策型太陽発電システムを建設し運転を開始いたしました。災害時には、自立運転機能付きパワーコンディショナーを採用し、停電時にコンセントから電源を供給する事で、避難所等での最低限の機能(テレビ・ラジオ・パワコン・スマートフォン・防災無線といった「情報源、通信ツール」)を維持する事ができます。弊社は、低炭素・脱炭素活動を含む持続可能な取り組みを行う企業様、BCP対策(事業継続対策)課題に取り組む事業者様のサポートを行い、「災害に強く、低炭素な地域づくり」を早期に実現できるように、引き続き努力をしていきます。

事業概要

モジュールの仕様: JA SOLAR製 JAM60S09-325/PR:325W

モジュールの型式: 231枚

モジュールDC容量:75.075kW

モジュールAC容量:49.5 kW





9回の閲覧